校長ニュース

校長から、最近の話題をご提供いたします。

令和3年度 第1学期終業式あいさつ

 

 皆さんこんにちは。さて今日で第1学期も終了となります。前回お話しした時から2か月経ちましたが、その頃と比べても社会状況やコロナの感染状況は変化が見られます。

 まん延防止措置等が延長され、拡大も検討されていますが、人の動きが多いせいか感染者が増加しています。ただしそんな中でも変化の兆しはワクチン接種が進んでいることです。

 参考までにお話ししておきますが、私も高齢者に片足を突っ込んでいることもあり、ワクチン接種の予定が組まれました。3週間の間隔をあけての2回接種になります。ただしこのワクチンによってもしばらくは完全な終結には時間が掛かるでしょう。

 それまでは今までの予防措置、マスクの着用、手洗いの徹底等は引き続き行ってください。授業や部活動でも相変わらず制約はありますが、感染者を出さないためにも徹底しましょう。今後も改めて気を引き締め直して予防措置に取り組んでください。

社会全体がコロナ対応で悪い意味での慣れが出てきています。くり返しますが皆さん全員が無事に学校生活を送れることが校長としての願いです。

 

 さて1学期の始業式で話したことを覚えていますか。こんなことを話しました。

 

他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。 しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。

(ジョン・ラボック イギリスの銀行家、考古学者、政治家、生物学者)

 そして去年よりも今年、そして昨日よりも今日、皆さんが日々成長することを願っています。 こんなことを話しましたね。

 

皆さんはこの1学期で日々成長することができたでしょうか。

この1学期でどのくらい成長したか、よく考えてみてください。

 学習面はどうだったですか。授業に集中して取り組めたでしょうか。

部活動についてはどうでしょうか。結果や実績だけでなく、そのプロセスが重要です。自分としては満足のゆく活動ができたでしょうか。

そして人間関係はどうだったですか。家族とのコミュニケーションはとれていますか。

友人との関係は良好でしたか。

 今日一日でいいですから1学期の行動を振り返ってみて反省してください。

それが日々成長するためのカギとなります。ただ漫然と毎日を過ごしていたら成長しませんよ。振り返りは必要です。そして反省すべき点があったらそれをただしてください。時間が必要ならば夏休み中に修正しましょう。

 

さて最後に、お願いがいくつかあります。

 夏は心が開放的になりがちで、そのため、軽はずみな行動を起こしがちです。滑総の生徒としての品格をもって行動してください。

そしていろいろ悩みを抱えることもあるでしょう。そんな時には遠慮なく学校に相談してください。

 そして別の話ですが、現在野球部の皆さんの活躍により予選で勝ち進んでいます。

皆さんの活躍は先ほどの壮行会の皆さんと同じで私たちに感動を与えてくれます。次の試合も私たちはチーム滑総として応援しています。頑張ってください。

 最後に夏休みを迎えるにあたり、お願いを一つ。

二学期の始業式もこのような形での式となりますが、「全員が元気にそろって笑顔で会えるようにしてください。」以上です。

 

0