ワープロ部

ワープロ部 滑川総合高校に入学しての感想

この記事は今年度入学したワープロ部の部員が実習の一環で作成したものです。

 

 もちろん最初は、慣れないことがとても多いです。5階建てで広いので、中学校とは勝手が違い迷いました。何回も通うと慣れてきますよ。

 高校といえば学生食堂がありますが、当然、わが校にもあります。安くておいしいのでお勧めです。基本メニューは、ほぼ100円で、弁当系が、200~300円、丼ものや麺類は、500円くらいです。一番人気はポテトです。いい感じの塩味とサクサク感で食べやすく、おなかも膨れるのでそういったところが一番人気の理由なのだと思います。また、自動販売機もあり、こちらも安く、よく見かけるジュースが90円くらいで買えます。

 次に、授業です。1年生の時は、中学校の時に習っているのとあまり変わりません。しいて言うなら数学が2つになるくらいです。また、美術、書道、音楽の3つが選択科目になります。1年間を通して学ぶものなのでよく考えましょう。2、3年生からは、この高校の特色でもある6つのプランがあります。自分の進路に直結しますし、変更がよほどのことがないとできないのでしっかり考えて選びましょう。

 最後に、滑川総合高校に入学して、人並みに楽しい高校生活を送れていると思います。もしこの記事を新入生が読んでいるなら、この記事をよむことで不安を解消できたのなら幸いです。それ以外の人もこの記事を読んで、学校の内情を知って楽しんでくれたのならうれしいです。

ワープロ部 滑川総合に入学してよかったこと

この記事は今年度入学したワープロ部の部員が実習の一環で作成したものです。

先生が優しいです。そして面白いです興奮・ヤッター!

2年3年の選択科目についてわからないことがあったら真摯に向き合ってくれていい選択ができたと思います。にっこり 

 選択について、滑川総合では、6つの系列があります。僕が選択したのは、ビジネスメディアを選択しました。最初は人文社会系列という文系のほうに行って指定校推薦で大学に進学しようとしていました。でも先生方の助言がありパソコンを学びながら大学へ行くという選択にしました!

ほかには、学食がおいしいです。ラーメン、ポテト、カレーなどいろいろあっていっぱい買ってしまいます。いいところがたくさんある滑川総合だと思っています!!

 

ワープロ部 滑川総合高校に入学して思ったこと・感じたこと

この記事は今年度入学したワープロ部の部員が実習の一環で作成したものです。

 

感想

 最初に思ったこと学校が全体的に綺麗で、広く迷いやすいということです、慣れるとどこに何があるかなど大体わかりますが、入学して8ヵ月立つ自分でもまだ完全に覚えられていません。

  二つ目は、駅から意外と近いということです。人によると思いますが、歩いても約6分前後で学校につくことができます。

  三つ目は、授業が分かりやすいところですこれも個人的に思ったことですが、わからないと思っても先生に聞けばきちんと教えてくれますし、テスト対策のプリントなども渡してくれます。また、先生だけでなく友達とも勉強や運動、部活を楽しく行っています。

  四つ目は、体育のマラソン大会が思った以上にきつかったことです、自分は運動が得意ではないので個人差がありますがあまり得意ではない人からしたら相当苦しいです。ですが走り切った後は達成感がすごかったです、新型コロナウィルスの影響によりマラソン大会で10km走ることはなかったのですが、毎授業に数kmずつに分けて走るのも辛かったです。

  五つ目は、自分の将来のために高校2・3年の授業を選択できるということです。自分は、ビジネス・メディア系列を選んだのですが他にもいろいろな系列があります。
 ビジネス・メディアの他にも、人文社会自然科学国際文化健康スポーツヒューマンデザインなどの全6系列があります。系列によっては、総合学科棟という建物のほうに行き自分の選択した授業を受けに行きます。

  最後に自分は、入学前は友達ができるか勉強についていけるかなど不安でしたが、入学してみればいろんな人がいて楽しい高校生活が送れているので、この高校に入ってよかったと思いました。                                    

                                                以上です。

 

ワープロ部 滑川総合高校にきて思ったこと

この記事は今年度入学したワープロ部の部員が実習の一環で作成したものです。

個性豊かな人たちが毎日楽しく学校生活を送っています。

  この高校に来て思ったことは、3つあります。

 まず1つ目として、スポーツが盛んという点です。スポーツの部活でこの高校を選んだ人も多いです。ほかにも、書道部やワープロ部、生活部など他にも色々な部活がありまず高校に来て最初に決めるのは部活というくらい大事なのでぜひいろんな部活を見てほしいです。

 次に2つ目は、先生と、生徒の仲が良いという点です。まぁ仲が良いといっても友達みたいにというよりか行事や楽しいことは一緒に盛り上げてくれ、叱るところは叱って良き関係ができていると思います。「え、当たり前では?」と思った方もいると思いますが、僕は先生と生徒の良い距離感が学校を続ける秘訣だと思いました

 最後に3つ目は、環境が良いという点です。例えば最近ですがグランド整備が行われました。総合学科というのもありますが校舎が広いと感じています。静かにできる勉強場所もあるので集中して勉強ができると思いました

ワープロ部 国語科紹介

国語科

教科名:
     1年 国語総合
     2年 現代文・選択授業(古典・言語表現)
     3年 現代文・選択授業(国語表現・古典・評論研究・古典研究)


〇授業内容:
     古典の授業では、百人一首に取り組んでいます。
     言語表現では、ビブリオバトルなども繰り広げられており、
     県大会では2位になった人もいます!

〇先生から一言:
     国語を通じていろんな世界を楽しむことができます。楽しいよ!

        

ワープロ部 商業科紹介

科目名

  商業科

教科名

  情報処理

  簿記

  課題研究

  財務会計

  ビジネス情報 
  ビジネスコミュニケーション

主な学習内容

  情報処理・ビジネス情報
  →表計算ソフト(エクセル)等を学習し、全商情報処理検定取得を目指します。

  簿記・財務会計
  →帳簿の基礎を学習し、全商簿記検定や全商電卓検定取得を目指します。

  課題研究
  →ワープロソフト、文書等の作成。全商ビジネス文書検定取得を目指します。

  ビジネスコミュニケーション
  →敬語や電話対応等ビジネスマナーを学び、
秘書実務検定の取得を目指します。

ワープロ部:福祉科紹介

教科名          

福祉科  

科目名                
社会福祉基礎・介護福祉基礎・生活支援技術

主に学習すること

福祉の語源は『幸せ』なので、楽しく幸せな授業を行なっています。

介護は大変というイメージがあると思いますが、人と関わることが楽しいと思えるようになる授業です。

授業としては介護が中心ですが、対人援助、介護体験を通しての自己理解、それらが資格(介護職員初任者研修)の取得にもつながり、実際に卒業した先輩方の約6割が介護関係に就職しています。

ワープロ部:情報科紹介


「教科名」

情報科

「科目名」

1年生 社会と情報  3年生 情報メディア 表現メディアの編集と表現

「主な学習すること」

社会の中で情報及び情報技術がどのような役割を果たしているのか、その情報を適切に収集・処理・発信するための技術を学びます。

1年次の社会と情報はコンピュータを手軽に活用し、その役割と基本機能について学び、情報の処理能力・伝達能力を養うことを目標とします。

3年次の情報メディアは、マルチメディアによる作品捜索を通して、プレゼンテーション能力を習得することを目標とします。                       

ワープロ部:地歴公民科紹介


○教科名
地歴公民科

○科目名(必修)

1年・・・現代社会

2年・・・日本史B

3年・・・世界史B

○科目名(選択)

・地理A

・世界と日本

・現代社会、日本史、世界史各演習(問題演習、大学受験向け)
 など

○主な系列

人文社会系列

文系大学(4年制、短期)を目指す人は積極的にとりましょう

ワープロ部:数学科紹介

数学科 
数学Ⅰ

・主な学習内容

 1数と式       2二次関数

 3図形と計量     4データ分析

数学Ⅱ

・主な学習内容

 1方程式       2関数とそのグラフ

 3三角関数とその性質 4図形とその方程式

数学Ⅲ

・主な学習内容

 1平面上の曲線    2極限

 3微分法       4積分法

数学A

・主な学習内容

 1場合の数と確率   2整数の性質

 3図形の性質

数学B

・主な学習内容

 1数列        2ベクトル

 3確率分布と統計的な推測

数学探究Ⅰ

・主な学習内容

 1数学Ⅰの復習

数学探究Ⅱ

・主な学習内容

 1数学ⅠAの応用