Pickup!! 滑川総合

H28年度3年次生校外学習

 本日、三年生は遠足で東京ディズニーリゾートに行ってきました。
事前にディズニーランドにするかディズニーシーにするかの希望調査を行い、それぞれの希望に合わせてグループに分かれて行動しました




 残念ながら天候には恵まれませんでしたが、全員時間内行動を行い充実した時間を過ごすことができました。

学園祭ポスターコンクール入賞

 毎年行われております、武州ガス主催による「第22回 高校生学園祭ポスターコンテスト」に、本校2年次生徒の原画による第12回つきのわ祭のポスターも出品しました。
 
 
 このたび、参加103校の中で、つきのわ祭ポスターが、佳作に入賞いたしました。
 
 いただいた講評では、「対角線上に配置された勢いのある筆致の金魚が印象に残ります。蓮の花と金魚の量感も巧みな力強さを感じます。中央に毛筆でレイアウトされた文化祭のタイトルも力強く目立ってポスターの印象を強力にしています。」でした。
  
 賞は、最優秀賞1校、優秀賞1校、佳作4校、審査員特別賞1校ですので、本校生徒の作品はベストスリーに位置することとなりました。
 これらの賞は、川越駅前のアトレマルヒロ6階、武州ガスギャラリー「ピーポケット」に展示され、ポスターをご覧になった方々と審査員の投票で決定しました。 
 なお、ポスターコンクールの詳細は、下記をご覧ください。

 http://www.bushugas.co.jp/life/bpocket/poster/contest.html
 
 また、結果発表は、下記をご覧ください。 
 http://www.bushugas.co.jp/life/bpocket/poster/result/result.html

埼玉・教育ふれあい賞 受賞

 10月7日の校長ニュース「朝の挨拶 そして 教育ふれあい賞」でも触れましたように、本校はこのたび、「平成28年度 埼玉・教育ふれあい賞」を受賞しました。
 10月22日(土)、表彰式が行われ、校長と生徒3名が参列しました。
 本校は「学校間連携による児童生徒交流活動。交流体験」の部門で、受賞理由は
 「スマイルデー」で小・高連携
です。

 
 
 
 塩川 修 埼玉県副知事様、関根 郁夫 埼玉県教育委員会教育長様からお祝いのお言葉を頂戴した後、受賞41団体に表彰状と記念品の授与がありました。
 
 その後、受賞団体を代表して3団体によるプレゼンテーションが行われました。本校もその1団体として、校長のプレゼンテーションによる「スマイルデー」や交流の紹介と、生徒会長による感想発表を行いました。
 
 今回の受賞を機に、さらに滑川町内の3小学校との連携を深めてまいります。 
 
 
 
 なお、副賞でいただいた電波時計は、事務室受付カウンターに置いてありますので、本校ご来校の際には、是非ご覧ください。

滑川中学校での出前授業

 本校教員が滑川中学校からお招きいただき、中学3年生を対象に出前授業を実施してまいりました。国語、数学、英語、理科、社会の5教科で授業をそれぞれ行いました。また、授業後は本校教頭より保護者の方々を対象とした進路説明会も行いました。
 同じ滑川町内ということで滑川中学校の卒業生も多く在籍している、地元に密着した
学校です。来年も滑川中学校から多くの生徒が入学してくることを期待しています。
  
 
 

H28年度PTAソフトバレーボール大会

 本日、本校体育館にて支部対抗PTAソフトバレーボール大会が行われました。本大会はPTA各支部ごとにチームとなって頂き交流を深めるために毎年催しています。
まず、本校校長からのあいさつがあり、準備体操後に試合が行われました。




 試合終了後は食堂にて懇親会が行われ、16年ぶりに優勝した後援会チーム、惜しくも準優勝となった小川東支部チームなど入賞したチームに賞品が贈られました。
本日、ご協力いただいた関係各位にお礼申し上げます。

吹奏楽部東日本大会・陸上部関東大会壮行会

 本日、本校体育館にて吹奏楽部と陸上競技部の上位大会へ向けた壮行会が行われました。
  陸上競技部は、2年生の根岸愛奈さんが、先日行われた新人戦県大会において、やり投げで2位、砲丸投げで7位に入りました。この2種目で今月の22日・23日に熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で開催される、関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会に出場することが決まりました。
 吹奏楽部は、先月山梨県で行われた西関東吹奏楽コンクールで金賞を受賞し、3校ある代表校の1つに選ばれました。東日本大会は、10月10日に東京の府中の森芸術劇場で行われます。




 校長から激励の言葉の後に、それぞれの部活動の生徒の決意表明があり、その後吹奏楽部による演奏がありました。素晴らしい演奏に全校生徒が大きな拍手を送りました。
 最後に生徒会長からも激励の言葉がありました。
 両部ともに、大会で最高の結果を期待しています。

スペシャリストに学ぶ(積み木)

 本校では、専門科目を中心に、第一線でご活躍なさっている専門家の方をお招きして、いろいろな授業を展開しております。
 今回は、9月28日(水)には、ヒューマンデザイン系列の総合選択科目「こどもの発達と保育Ⅱ」の授業で、「CHIROBA おもちゃ専門店」の 遠藤 富美子 先生をお招きして、「子どもの心を育てるおもちゃ~つみき~」の授業が行われました。
 

                       
 
 遠藤先生は、かつて幼稚園の先生の経験があり、子供たちが積み木を自由に組み立てて遊ぶ中で、想像力や創造力、協調性などが養えるとおっしゃっています。  
         
  
 小・中・高校、特別支援学校には、文部科学省が定める「学習指導要領」があります。同様に幼稚園には、同じく文部科学省が定める「幼稚園教育要領」があって、保育活動を通して「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5領域の育成を図るとされております。
 幼稚園の先生方は、子どもたちの自由な発想を踏まえつつ、段階段階で様々な仕込みをしながら、子どもたちの活動を支援しております。、
 
 
      
 
 今回は、生徒たちが自由に積み木を組み立てておりましたが、遠藤先生は活動の様子を見ながら、積み木の種類を増やしたり「ケースも使って良いんですよ」とアドバイスするなど、まさに生徒たちの活動が広がりを持てるような支援が行われました。
 

                                              
 
 今回、遠藤先生にご指導いただきながら実際の活動を行ったことで生徒たちも幼児教育の本質について理解できたことと確信しました。
 遠藤先生。お忙しいところご指導いただき、ありがとうございました。

月の輪小5年生のエプロン制作の補助

 本日、2年生の選択科目「ファッション造形基礎Ⅰ」を選択している生徒が、本校向かい側にある月の輪小学校の5年生の家庭科の授業のお手伝いを行いました。
内容は、ミシンを使ったエプロン製作の補助を行うというものでした。




生徒たちは授業で学んだことを活かして、ミシンを使ってエプロンを作るのは初めての小学生からの質問に答えながら、丁寧な指導を行っていました。

スマイルデー~宮前小との稲刈り

    
 本日、スマイルデーの一環として宮前小学校5年生の生徒と本校環境部の生徒で稲刈りを実施しました。天気が心配される中、宮前小の生徒たちは学校から約30分歩いて会場となる田んぼに到着しました。
   
    
 説明を受けた後、いよいよ稲刈りの開始です。春の田植えと違い、今回は鎌を使いますので子供たちも慎重です。本校の生徒たちは、後ろから小学生に声をかけたり、鎌の受け渡しをしたりしてサポートしていました。
 刈り取った稲は、コンバインのところに持って行ってその場で脱穀しました。コンバインの操作も、農業教育センターの実習で操作経験のある生徒が行いました。
 小学生たちに怪我もなく無事終了しました。宮前小学校の生徒にとっても本校生にとっても貴重な体験となったことと思います。
 この体験のために快く田んぼを貸していただいた、宮島様には心より感謝いたします。 
    
             
 
             

祝!吹奏楽部東日本大会出場

 第22回西関東吹奏楽コンクールが11日(日)、山梨県甲府市のコラニー文化ホールで行われ、本校吹奏楽部は高校Bの部で金賞を受賞し、東日本大会への出場が決まりました。
 
 
 西関東吹奏楽コンクールは群馬、埼玉、新潟、山梨の4県の代表計20団体が出場し、本校を含む7団体が金賞を受賞しました。金賞受賞団体から東日本吹奏楽コンクールに出場する3団体に本校が選ばれました。
 東日本吹奏楽コンクールは10月10日(月)に、東京府中市の府中の森芸術劇場で開催されます