Pickup!! 滑川総合

秋の空

11月11日(水)

 日一日と秋の気配が深まり、朝晩の冷え込みも厳しくなりつつあります。そんな中で、中庭から空を見上げると抜けるような青空が見え、校舎の壁が四角く空を囲んでいるように見えてきました。

 その時、ふと脳裏にある言葉がよみがえってまいりました。

 「井の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る」

 そこで、HPでも時々登場する蛙の置物を持ってきて、映像にしてみました。

 

 

 

 現在コロナ渦の中、どうしても以前のように広範囲動き回ることはできませんが、しっかりと限られた中でも一つ一つののことを極めていけば、自分自身の深みが更に際立っていくようになるはずです。

 今だからできることを、しかりとやっていきましょう。

面談週間 最終日です

11月6日(金)

 今年度は、新型コロナウイルス感染の影響で、4月から臨時休校が続き、6月の分散登校から始まり、正常な登校になったのが6月22日からという学校生活がイレギュラーなスケジュールで進んできました。そこで、先週10月30日(金)から今日まで40分×6時間授業として、各クラス担任が生徒全員と二者面談を行い、学校生活等の不安解消などを図るようにしてまいりました。

 常に新型コロナウイルスへの感染をしないように気を配りながらの生活は、何かとストレスを抱えるものです。そうした中で、少しでも本来の学校生活のリズムに戻せればと思い行っています。

 来週からは、また平常授業に戻ります。

: 7:20頃のグランド越しの空の様子

【追記】

 午後4時40分くらいから、西の空の雲に夕日があたり、幻想的な景色が広がっていたので掲載します。

 

 

1年次「産業社会と人間」

11月5日(木)

 1年次生は、11月29日(木)の「産業社会と人間」の授業の逆パターンで、5~7組の生徒が外部講師の講演会「学生時代の経験と職業選択」を聞き、1~4組の生徒が教室で諸論文指導を行っています。

 講演会では、ゲストハウスの経営者である西村拓也さんから、様々なお話をしていただきました。最初にゲストハウスについてわかりやすく説明していただき、その後、いろいろな学生時代の経験から、進路選択に至るまでのことをお話しいただきました。

 さらに、大手通信会社を経て現在に至るまで、貴重な経験談を聞かせていただきました。今後、生徒一人ひとりに3年間の高校生活でどのような目標を立て、どのように過ごしていこうとするのかを考えさせたいと思います。

 

 

全校集会・表彰式(活動報告会)を行いました

11月2日(月)

 本日1限、放送による始業式及び表彰式(活動報告会)を実施しました。

 今年度は、新型コロナウイルス感染症対策として、3蜜を避けるため始業式・終業式などの全校で行う行事は、放送で行ってまいりました。そこで、今回の全校集会も放送で行うことといたしました。

 最初に、校長講話を行い、続いて年度前半は中止になっていましたが、徐々に活動が始まった部活動の活動報告を行いました。

 活動報告を行った部活動は、「書道部」「野球部」「男子バスケットボール部」「女子バドミントン部」

「男子バレーボール部」「陸上競技部」でした。

 続いて、英語科から英語検定の合格者を発表いたしました。

 最後に生徒指導部長の話を戸川先生から、滑総生として節度のある生活を送るように注意喚起を行いました。

 

3年次 ミニ体育祭を実施しました!

 

10/29(木)の午後を利用し、3年次はミニ体育祭を実施しました。

新型コロナウイルス感染症の影響で、体育祭や文化祭が中止となってしまいましたので、

子どもたちにとって、今年度初めてのクラス行事となりました。

 

少し風が強かったですが、太陽の日差しに恵まれた晴天の下、

賑やかな声がグラウンドに響いていました。

開会式にはマスクをして参加しました。

クラスカラーに彩られたマスクとハチマキがグラウンドを彩っていました。

  

 最初の競技は部活動対抗リレーです。久しぶりのユニフォーム姿が眩しいですね。

  

台風では声を掛け合い、元気に走っていました。応援にも熱が入ります。

大縄跳びでは40回も飛び続けたクラスがありました!

  

最後の競技はクラス対抗リレーです!

  

楽しい時間はあっという間でした。笑顔溢れる2時間でした!

楽しい時間を過ごした分、学校生活では最上級生として引き締まった姿勢を見せてくれることでしょう。

 

ご協力、ご理解いただきました他学年の先生方、保護者の皆さま、地域の皆さま、ありがとうございました。

 

2年次生「進路ガイダンス」

10月29日(木)

 2年次生は、5・6限を活用して進路ガイダンスを行いました。

 進学希望者を対象に「系統・分野別聞き比べガイダンス」として、Ⅰ部(5限)とⅡ部(6限)に24講座ずつを用意して希望講座を生徒は聞きました。

 また、就職希望者を対象に、Ⅰ部(5限)では「就職業種別パネルディスカッション」をⅡ部(6限)では「業種別分科会・公務員対策講座」を開催しました。

 

 

 

 

 

1年次「産業社会と人間」

10月29日(木)

 1年次生は、本日の5・6限の産業社会と人間の授業の中で、1~4組の生徒は外部講師をお呼びして講演会「学生時代の経験と職業選択」を行いました。新型コロナウイルス感染予防のため、5~7組は教室で諸論文指導を行いました。

 講演会では、イラストレーターの小塚晃央さん(県立本庄高校を卒業後、単身でカナダへ留学し、語学学校卒業後、Seriden Collegeでアニメーションを学び、現在は動画制作会社に勤務)から、学生時代の経験から、進路選択に至るまでのことをお話しいただきました。こうした貴重な経験談を参考にして、生徒一人ひとりが今後の高校生活でどのような目標を立て、どのように過ごしていこうとするのかを考えさせたいと思います。

 

 

3年次「ミニ体育祭」を実施しています

10月29日(木)

 3年次生は、本日の5・6限を活用して「ミニ体育祭」を実施しています。

 今年度は、新型コロナウイルス感染の影響で、4~5月が臨時休業となった分の授業回復のため文化祭や体育祭などの学校行事はすべて中止となりました。

 今回、こうした状況の中で学校生活にメリハリをつけるためにも、3学年次では「ミニ体育祭」として短時間で、本来体育祭で実施していた種目の一部を行い、クラスとしての結束を高めることを行っています。

 生徒は、皆笑顔で一生懸命に取り組んでいます。

 

 

 

 

2年次生 フードデザイン 特別講義を行っています

10月28日(水)

 本日6限、2年次生の選択授業のフードデザインでは、女子栄養大学から生涯学習講師、管理栄養士、公認スポーツ栄養士である上原千恵子先生をお迎えして、特別講義「食べ物と体の仕組み~試合前の“カツ”では勝てないワケ~」を実施しています。

 私たちが食品からどのように栄養を吸収して体を作るかや食品に含まれる栄養素によって消化時間が長くなるものがあることから試合の前日の食事での注意点など、栄養学の観点からたいへんわかりやすく説明していただきました。生徒も興味深そうに説明に聞き入っていました。

 

3年次生 ミニ体育祭に向けて練習中です

10月26日(月)

 3年次生は、今週の木曜日の午後実施するミニ体育祭に向けて、本日6限のLHRを活用して各種目の練習をしています。

 今年度は、新型コロナウイルス感染予防のため、4月・5月が臨時休業となった関係で、本校でも学校行事のほとんどが中止となり、授業確保が行われてきました。そうした中で、短時間でもできることを取り入れようということとなり、3年次生は短時間ですが、ミニ体育祭を行うことになりました。