ワープロ部

進路選択と面談

今、滑川総合高校は、三者面談の期間中です。
1年次生にとっては初めてのテストの結果が返ってきます。
2年次生は選択科目が増えて進路を意識し始めた頃だと思います。
3年次生は自分の進路が現実的になってきました。
保護者の方と先生と生徒が話し合う数少ない機会です。
自分の置かれている状況を改めて実感し、危機感を覚えた人も少なくないはずです。
今回の面談で自分が今すべきことが明らかになった人もいると思います。
とくに3年生、就職希望者は求人票の公開が始まる時期になります。
進学希望者はオープンキャンパスが始まります。
今一度気持ちを引き締めて自分が納得できる選択をしていきましょう。
そのためには豊富な資料を基に情報を集めて具体的な進路を固めていきましょう。
 

今年度初めての検定試験

 珠算・電卓実務検定は、ビジネス計算と普通計算の2つの部門に分かれています。
 ビジネス計算部門は、ドルから円の換算など多少の専門知識が必要とされる計算をします。
 普通計算部門は、乗算・除算や見取算、伝票の計算といった単純な計算を行います。
  どちらも、そろばん・電卓いずれかを使用し制限時間は30分となっています。
   
 秘書検定は秘書としての知識・技能だけでなく社会人として必要なマナーも求められる検定です。その内容は一般常識とされるものが主ですが、意外と身についていないことも多くあります。
 メジャーな検定ではありませんが、これから社会に出ていく私たち高校生が身につけておきたい能力です。
 滑川総合高校ワープロ部では、どちらの資格も取得を目指しています。
 是非!私たちと一緒に検定合格を目指しませんか?

ワープロ部紹介

 ワープロ部の活動は部名から「ワープロ」だけをしている部活のようですが、
 実際はワープロだけでなく、商業の資格取得を目指している部活です。
 全国商業高等学校協会主催の検定試験の1級を3種目以上取得することを大きな目標としています。
 活動日は月・水・金の週3日を基本に、火・木は自主学習として活動しています。
 活動場所は総合学科
棟3階のPC室を中心に活動しています。