Pickup!! 滑川総合

H30年度滑川総合高校入学許可候補者合格発表

本日、平成30年度入学生の合格発表が行われました。
 午前9時からの発表ですが、8時半頃には合格発表を待つ中学生が集まり始め、緊張しながら発表時間を待っていました。
 9時の発表の瞬間には、自分の受検番号を確認しながら大きな歓声が湧きました。


 入学許可候補者となった皆さん、滑総は皆さんの入学をお待ちしています。4月からそれぞれの夢の実現に向けて滑総生として頑張ってください。

書道部 「第26回国際高校生選抜書展」報告

 1月30日(土)~2月4日(日)大阪市立美術館にて「第26回国際高校生選抜書展」(通称・書の甲子園)が開催され、2月3日(土)展覧会場を訪れました。
 会場には世界から集まった約16,000点の作品の中から入選・入賞を果たした2,100点の作品が展示されており、中央には日本一に輝き「文部科学大臣賞」を受賞した2年・杉内南海の作品がありました。

文部科学大臣賞
2年 杉内 南海


 
優秀賞
2年 管 菜優

 
秀作賞 
2年 関和 永恵
 
入選
2年

       相崎佳南子                   江頭瑠璃 

        岡野麗奈                  杉山恵美理



        細野未侑

1年

        大竹咲楽                    前川玲奈

 翌日は毎日新聞大阪本社オーバルホールにての表彰式に参列。団体の部の北関東優勝と個人の部の文部科学大臣賞、優秀賞、秀作賞の4人が登壇し受賞しました。



 表彰式後は審査員の先生方をはじめとする大勢の皆さんの目前で文部科学大臣賞を受賞した杉内南海が受賞作品を揮毫し、緊張しながらも立派に書き上げ会場からは大きな拍手を頂戴しました。


 表彰式での本校部員の返事や挨拶には審査員の先生方から大変なお褒めの言葉を頂き、来年もまたこの会場でお会いすることを約束し帰路につきました。


 本校書道部にとりまして大変有意義な2日間となりましたが、これはゴールではなくここからがスタートとして活動していきたいと思います。

月の輪小学校6年生との進路交流会

 本日、月の輪小学校6年生が来校し、大講義室で本校3年次生と進路に関する交流を持ちました。これは、小学校での「総合的な学習の時間」の取り組みの一環として実施されたもので、本校の3年次生が小学生に対して、自分自身の経験などを中心に話しました。
 元生徒会長の姫野さんの司会により進められ、小学生時代に夢中になったこと、中学校になるときの心配、中学校でのこと、高校生活、進路決定等について小学生に対して話しました。


本校生徒も、3年間を通して学んできたことなどを小学生に向けてわかりやすく説明することができ、非常に有意義な時間をすごすことができました。

平成29年度 学校保健委員会

 本日、13時30分から本校の大講義室で、校医の先生、保健委員の生徒、PTA保健委員会の方々、本校教職員が集まって、平成29年度の学校保健委員会が開催されました。校長あいさつに続いて、「食事に関するアンケート」結果の報告がPTA保健委員長よりありました。
 
  

 後半は生徒保健委員会からの発表でした。最初は西部地区の生徒保健委員研究協議会からの報告で「高校生でも実践できるメンタルトレーニング」、次に「生徒学校保健委員会報告」、最後に「歯科保健について」と三本の発表がありました。
 生徒の発表の後、校医の渡辺先生から講評をいただき終了となり、大変有意義な会となりました。お忙しい中参加していただいた校医の先生、PTAの皆様方大変ありがとうございました。

  

スマイルデー くま顔の楽しい太巻きづくり

 

 本校では、町内の3小学校と「スマイルデー」と称して、様々な交流活動を行っています。今日はそのスマイルデーの一環として、福田小学校の6年生が来校して、本校生活部の生徒との交流活動を行いました。

  

 本日の交流は「くま顔の楽しい太巻きづくり」です。メニューは、くま顔の太巻き、鶏肉入りけんちん汁、ほうれん草のごま和え、炒り豆の砂糖衣、フルーツゼリーです。福田小の6年生が栽培した白米と古代米を使用して、本校生活部の生徒と一緒に調理しました。
 

 くまの顔が上手にできた班、あまり上手にできなかった班とありましたが、小学生も高校生も和気あいあいと料理に取り組みました。料理の完成後は班ごとに会食です。各班とも小学生と高校生が一緒になり、自分たちの作った料理をおいしく食べることができました。 
  

主権者教育

  選挙権が20歳から18歳に引き下げられ、高校生であっても投票に行く可能性があります。1年次の「産業社会と人間」という授業の中で『あなたの一票が未来を変える』と題し、講師を招き、選挙の仕組みや選挙運動・政治活動についてまなびました。
 その後模擬投票を行い、滑川町選挙管理委員会から貸していただいた投票箱を使用して、全員が一票を投じる体験をしました。
 
 

2017年1年間ありがとうございました。

滑川総合高校も冬休みに入り、年末を感じるようになってきました。
冬休みとはいえ、多くの生徒が登校し、部活動等に参加し活気にあふれ、寒さを忘れてしまいます。
 2017年滑川総合高校は多くの方々によって支えられてきました。2018年も引き続きよろしくお願いします。
 
  

1年次音楽選択者によるミニコンサート

滑川総合高校では1年次に音楽・美術・書道の芸術科目を選択できます。
今日は特別時間割の中で1年次生の音楽選択者全員による発表会を実施しました。
合唱曲「聞こえる」をみんなで合唱しました。
このような形で、音楽選択者全員が生徒の前で発表するのは初めての試みでした。不完全燃焼な部分もありましたが、授業での成果を発揮して、みんなの前で発表することができました。

書道部H30年度全国大会出場決定

 H29.12.12~12.17埼玉県立近代美術館にて第56回高校書道展が開催され2年生杉内南海の作品「万葉のうた」がH30年度全国高等学校総合文化祭(長野大会)書道部門埼玉県代表に決定しました。



杉内南海「万葉のうた」
   杉内さんの作品は、料紙を市松模様に配置し、それぞれに万葉集からの歌を一首ずつ書いたものです。作品は仮名で書かれた創作で、この写真からは細かい部分まではわかりませんが、繊細な筆遣いによる素晴らしいものです。事務室脇に展示してありますので、学校にお越しの際は是非ご覧下さい。


本校書道部員の作品


本校教諭書道部顧問石原裕子作品

書の甲子園 文部科学大臣賞受賞 北関東ブロック団体優勝




 第26回国際高校生選抜書道展(書の甲子園)で、本校書道部2年の杉内南海さんが、最高賞の文部科学大臣賞を受賞し、同じく2年の菅菜優さんが優秀賞を受賞しました。
 また、書道部員11名が力を合わせた団体の部では、北関東地区での優勝の快挙となりました。
 なお、今回の受賞については、平成29年11月30日付けの毎日新聞朝刊に取り上げられました。以下に記事の内容を掲載しますのでご覧下さい。(記事は毎日新聞社様のご厚意により掲載しております)