晴れ 防災教育講演会

県の実践的防災教育総合支援事業の委嘱を受けて、11月22日(木)、宮城県農業高等学校の防災主任菅井春長教諭による講演会を本校で実施しました。
先生は、津波が学校に押し寄せ、生徒達と校舎屋上で津波をやり過ごした映像等を示しながら当日の様子を話してくれました。
生徒達は「自分の身は自分で守らないといけない」などと語る菅井先生の講話を真剣な表情で聞いていました。
なお、この講演会の様子は11月29日付け「埼玉新聞」に掲載されました。

 津波が押し寄せた!

「顔晴ろう宮農」の横断幕をもつ宮農生