「春一番」でしょうか

2月4日(木)

 本日は、朝から穏やかな日の光が降り注ぐような日でしたが、昼前から急に強い風が吹き始めました。

 昨日が、124年ぶりに2月3日となった二十四節季の「立春」でした。「春一番」というのは、気象庁では「立春」から「春分」までの間に、日本海で低気圧が発達し、広い範囲で初めて吹く、暖かく、強い南よりの風(8m/s以上)としています。

 本日は風はとても強くなり、11時くらいからお昼くらいまで、南西の風が吹いていたのですが、午後になるにつれて西寄りの冷たい風が吹いていました。

 気象庁の発表では、お昼前に吹いていた南西からの風が、「春一番」になったようです。

 しっかり氷が張って、カメレオンが乗っても大丈夫

 体育の時間、土埃が凄かったです。