校長ニュース

令和元年度 つきのわ祭 閉祭式あいさつ

  皆さんが楽しみにしていた「つきのわ祭」が無事に終えることができました。皆さんには自分自身が楽しむとともにいくつかお願いしましたね。 

 それは爽やかなあいさつ、おもてなしの心、そして安全な環境でお客様を迎えることです。

今回のつきのわ祭においてはその3つは十分できていたと思います。天気も2日間は快晴でその後が雨でしたからグッドタイミングでもありました。

 そんなこともあり今年のつきのわ祭は、1672名もの多数の方にご来場いただきました。 同時に行った学校説明会にも、140名もの多くの中学生やその保護者の皆様に参加していただきました。

  テーマ ~アオハル~ どおりに青春の一時を満喫して楽しめたでしょうか。オープニングは、吹奏楽部、演劇部、書道部をはじめとして、授業のダンス発表など、とても素晴らしいものでした。1日目の校内公開。中庭や体育館ステージでは、日頃の練習成果を表現できていました。

中夜祭では、個々の個性を発揮して個性的で楽しいものでしたね。

 2日目、外部のお客様をお迎えして、各教室や体育館、中庭も活気に溢れていました。特に最後の各部が協力しての書道部のパフォーマンスは素晴らしかったと思います。私のところには、多くの来賓の方々があいさつに見えまして、みなさんの活気のある活動に対してお褒めの言葉を数多くちょうだいしました。 

 今年も素晴らしいものでしたが、来年はさらに発展させた、より素晴らしいものになるよう頑張ってください。そうして滑総の伝統が作られてゆくのだと思います。

 最後に2日間、「つきのわ祭」でたくさんの感動をくれたみなさんと先生方。 特に、企画から準備、運営まで頑張ってくれた生徒会本部役員と実行委員、係の先生方に、心よりお礼を申し上げます。 良く、皆さん頑張ってくれました 。ありがとう。 そして、お疲れ様でした。