書道部紹介

私達書道部は、数々のイベントや施設などからご依頼を頂き、曲に合わせて縦4m横6m程の大きな紙に、大きな筆や両手に筆を持って文字を書き上げる、書道パフォーマンスを行っています。何度も練習を繰り返し、ご覧頂く方々に「感動した」と沢山のお言葉を頂けるようになりました。

 私達が日々、熱いご指導を頂いているのは、以前、松山女子髙校書道部の顧問であり、何度も全国優勝へと導いた石原裕子先生です。先生が26年度の4月に本校に転任され、滑総書道部は始まって以来の数々の賞を頂き、また、本校初の全国大会出場を果たすことが出来、今後の自信に繋がりました。その他にも全国規模の書道の展覧会で上位の成績を収め、中でも長い歴史のある大東文化大学全国書道展では、個人の賞だけでなく、団体の賞も頂くことが出来ました。

 滑総書道部は、努力をすることの大切さや達成感を得ることが出来るのはもちろんのこと、社会に出てとても役に立つ礼儀や人間性を磨くことの出来る、素晴らしい部活です。これからも私達は、仲間と切磋琢磨し合いながら、石原先生の熱いご指導のもと、毎日充実した部活動に励んでいきます。

-生徒会誌「むさしの」11号(平成28年3月発行)より一部抜粋-


【活動実績】

 

平成27年度

・全国高等学校総合文化祭(全国大会)出場

・全国書道展 書道研究所所長賞

・埼玉県水辺再生課川の再生プロジェクト、長瀞まつり、滑川まつり、文化祭等 書道パフォーマンス披露

・埼玉県 農林部 農村整備課依頼により缶バッチ・ポケットティシュ題字揮毫