2014年7月の記事一覧

「サマーセミナー」(校外補習)を行いました。

 

7月22日~7月24日の3日間、国立女性教育会館(嵐山町)において恒例の「サマーセミナー」(校外補習)を行いました。長い夏休みを有意義に過ごすきっかけとするために毎年実施しているもので、対象は進学を希望する1,2年次生でした。

生徒たちは、ふだんとは違う環境で、同じ志を持つ仲間と励まし合いながら、レベルの高い授業に取り組みました。少人数で、楽しく、しっかりと勉強ができたなどと生徒は感想を述べていました。

       

キャリア&学力アップ推進プロジェクト


「助産師世界を行く」~小山内泰代さんによる講演会~を行いました。

7月15日(火)に「キャリアアップ&学力アップ推進プロジェクト」の一環として、助産師の小山内泰代さんにご来校いただき、講演をしていただきました。
小山内さんは国立国際医療研究センターに勤務する助産師として、カンボジア・パキスタン・マダガスカル・バングラデシュ・アフガニスタン・中国・セネガルなどの諸外国に派遣され、各国の医療環境の整備に取り組まれてきました。
パキスタンの民族衣装に身を包まれた小山内さんは、助産師として国際貢献に取り組まれているご経験を大変情熱的にお話されていました。
看護師を志す生徒達などとの意見交換も行われる中、生徒たちは大変興味深く聴講し、また感銘を受けている様子でした。 

               

「自分を生きる」~愛し 愛されるために~


産婦人科医の陳央仁氏による保健講演会を行いました。

 7月16日(水)に全校生徒・保護者を対象に陳央仁氏(茨城県 龍ヶ﨑済生会病院 産婦人科医)をお招きし、「自分(いのち)を生きる」~愛し愛されるために~という演題で講演をしていただきました。
 産婦人科医としての視点から、パワーポイントを用いて、生命の誕生や性感染症について等の御講演でした。また、胎児の映像や赤ちゃんが生まれた時の親の気持ちを歌詞にした曲を流したりと、とても印象に残る内容でした。

 講演の最後に生きることについて、
「あなたが、ただそこに存在するという事実だけで、救われる人がたくさんいるということをどうか忘れないでほしい。生きているだけで百点満点。」という言葉を生徒に伝えてくださいました。
生徒一人一人が、自分を生きることの意味を考える貴重な時間となりました。

     

野球部初戦突破!

昨日(7月10日)、第96回高校野球選手権大会埼玉大会1回戦が、県営大宮球場において行われ、延長戦の末、本校が勝利しました。応援ありがとうございました。2回戦は、13日(日)の予定です。
 
    滑川総合 5-3 浦和北 (延長10回)