2015年4月の記事一覧

ガイダンスの1日

 夏を思わせる陽気となりました、本日4月28日。本校は特編の時間割を組んで、各年次ともに大切なガイダンスを実施しました。
 まず1年次。「産業社会と人間」の授業の一貫で、もっとも大切になる「集中履修ガイダンス」を国立女性教育会館(ヌエック)で1日実施しました。午前中は「スタディーサポート分析」の講義と本校の科目選択のガイダンス。午後は、系列ごとの「ガイダンス」と「系列ガイダンスのまとめ」が行われました。それぞれ、本校での学習を具体的に知る機会となりました。
 「系列ガイダンスのまとめ」は、生徒が聞いていない系列の説明を聞いた生徒が説明する取組です。この学習で、単に情報を収集するだけではなく、その情報を伝達することでの共有化、さらに伝えることによるコミュニケーション能力の向上を図っております。
 このガイダンスは、30日(木)にも第2回目が行われます。第2回目では「仕事に就くまでのルート」の講義の後、科目選択のシミュレーション、グループワークと続きます。
 「産業社会と人間」は総合学科の根幹をなすもので、生徒が自分自身のことや社会のこと、自分の将来を見据えることで、今必要なことを見つけて、それをもとに履修計画を立てることの学習です。言わば、本校のキャリア教育のスタートとなり取組です。
  

 2年次は5限に「総合的な学習の時間」として、「スタディーサポートの振り返り」と題するガイダンスが行われました。スタディーサポートの結果を受けて、それをどのように活用していくのか、自分自身の状況の分析を主眼に置いた取組です。
 今回講演していただいたベネッセコーポレーションの方のお話の冒頭、「進路実現」の定義として「高校生活を通して、自分の力を伸ばしていこう。自分の可能性を広げていこう。そして、キミが一番なりたいと思っている自分になってやろう。」とありました。ただなりたい自分を考えるだけではなく、社会(企業)が求めている人材、そのためにこれから必要なこと、時間の有効な活用、自分にあった学習の仕方など、より実践的なお話をしていただきました。
 言わば、1年次の「産業社会と人間」で芽生えた意識を実現させるために、より実践的なガイダンスとなりました。
 

 3年次は5・6限に「進路ガイダンス」として、大学・短大・専門学校からお越しいただいた担当者のブースでの相談、就職・公務員・看護師になるための講演と対策等が行われ、生徒は自分の進路希望に基づいてそれぞれの会場での取組が行われました。
 大学等のブースでは、単に募集だけに特化せず、「25歳の自分をイメージしてごらん」など、目先にとらわれず自分の将来をしっかりイメージすることの大切さもお話しいただきました。就職等の会場では、希望を明確に持つことの大切さや求められている人材、そのために今必要なことと今後のスケジュール等のお話がありました。
 1年次の「産業社会と人間」の学習で、自分の将来の姿を見つけることが本校の入口であるならば、3年次のガイダンスは本校の出口を見定めることとなります。3年次生は、来年の今頃それぞれが新しいステージで、自分の道を進んでいることとなります。そのために、これから卒業までの間に自己実現を図るべく取り組むことの大切さを学ぶことができました。
 
 
 
 今日は、総合学科でももっとも大切な1日となりました。

離任式が行われました

4月24日()に離任式が行われました。

昨年度で本校を去られた先生方が来校され、挨拶をされました。滑総への思いや、生徒に伝えたいことを話され、全校生徒を対象にした本校で最後の授業のようでした。

特に、話を聞くことの大切さや、本校の特色でもある挨拶や校歌にも、心を込めることの意味等のお話しは印象的でした。
挨拶の後には、本校の自慢である校歌斉唱を本年度初めて1年次生も含めた全校生徒で行いました。


 

福田小学校にも「無事カエル」をプレゼント

4月14日()の宮前小学校・月の輪小学校に続いて、4月17日(金)には福田小学校の「新入生を迎える会」で、本校生活部の生徒が「無事カエル」マスコットを新入生全員に手渡しました。新入生のお友だち。交通安全に気をつけて、楽しい学校生活を過ごしましょう。

また、迎える会では「お誕生日のうた」に合わせて、福田小学校のお友だちと一緒に本校の生徒も楽しく踊りました。
このような取組を通して、本校と地域のつながりも深まっていきます、今後も、いろいろ発信させていただきます。

 

なお、4月12日に埼玉新聞県西版に紹介された「無事カエル」の記事について、ホームページへの掲載のご承諾をいただきました。

「無事カエル」マスコットをプレゼント

4月14日()に滑川町内の宮前小学校・月の輪小学校の新入生歓迎会で「無事カエル」マスコットを新入生全員に手渡しました。

マスコットは本校生活部の2・3年生約30名と家庭科係が昨年4月から「交通安全」の思いを込めて、ひとつひとつ手作りしたものになります。

4月17日()には、福田小学校の新入生へプレゼントしにいきます。

4月12日()の埼玉新聞県西版に紹介されました。


  
 
 

対面式が行われました

4月9日()に対面式が行われました。

前日の雪の影響が残り、グラウンドが使用できず、体育館での実施となりました。

生徒会長から新入生に向けた歓迎の言葉に続き、新入生代表の言葉がありました。新入生は一日も早く高校生活に慣れ、滑総での学習・部活・行事等で活躍し、11年目を迎えた本校の良き伝統を引き継いでいくことを願っています。



 

平成27年度がいよいよスタートしました

4月8日()に着任式・始業式・入学式が行われました

午前中に行われた着任式では新2・3年に対して、今年度新たに着任した先生方の紹介とあいさつが行われました。引き続き、始業式が行われ、校長講話では新年度のスタートに当たり「グチを“吐く”のではなく、-(マイナス)なことを取り除き、プラス思考で夢を“叶えよう”」といった、内容の話がありました。その後の新担任・副担任の発表では生徒から大きな歓声や拍手など様々な反応が見られました。

午後の入学式は雪が降るあいにくの天気でしたが、本校の入学試験を見事に突破した282名の入学が校長より許可され、滑総生の仲間入りを果たしました。楽しく、充実した高校生活が送れることを、職員一同願っております。

 

  

《入学式》

 

《着任式》                 《始業式》