2015年6月の記事一覧

ミライガク

校長ニュース(「ミライガク」を体験しました)にもありますように、6月20日に東京ドームシティ(プリズムホーム)で「ミライガク」が行われました。これは、大学のゼミ・研究室を体験できる大規模なイベントで本校からは1、2年生を中心に33名が参加しました。
 当日、バスに乗車し、生徒たちはワクワクしながら、都内の水道橋へ向かいました。生徒たちは先日の事前学習に参加し、自分たちの興味のある業界や職種、当日質問する内容等も考え、準備万端の状態で会場入りしました。
 今回は、2020年・お金・エコカー・ロボット・くすり・スマホ・子ども・チョコレートをキーワードにして企画され、会場では理系や文系を問わず、29ものブースがありました。生徒たちは、思い思いに自分たちの興味のあるブースに参加し、最新の研究、学習等の体験を楽しんでいました。
 「暮らしに活かす香りの力~精油成分の作用を生かしたアロマクラフトの作成」というテーマのゼミなどは滑総の生徒たちに大人気で、生徒たちは自ら、アロマのルームスプレーを作り、お土産として自宅へ持ち帰りました。また、後日に事後学習も行いました。
 今回は事前学習、当日参加、そして事後学習という3つのステップがあり、生徒の学びがとても深まったのではないかと思います。これを機会に将来の選択肢が増えたり、少しでも何か良い刺激を受けてくれれば良いなと期待しています。

イベント運営スタッフの方々、また熱心に説明してくださった、大学の先生方、そして大学生や大学院生の方々、本当にどうもありがとうございました。





 

 

 

 

3年次 面接指導

 6月18日の3年次「総合的な学習の時間」で、外部の方をお招きして面接指導が行われました。
 体育館に3年次生全員が集まり、全体指導を行った後、各クラスの代表者を出席番号で指名しての模擬面接の実施。部屋への入退出仕方、椅子への座り方、質問事項は「あなたの長所と短所」で行いました。
  

 特に選ばれた生徒ではありませんでしたが、みんな趣旨をしっかりと理解して、真剣に取り組んでいました。
 講師の先生(元県立高校の校長先生です)から、「単に短所を紹介するだけでなく、その短所をどのように克服する努力をしているかも述べてください」との注文があり、やや戸惑った一面もありました。
 多くの生徒が就職や進学で面接が行われます。しっかりと準備をして、本番に備えましょう。

スマイルデー(宮前小学校との交流事業)を行いました

 去る6月12日は、恒例のスマイルデー(地元・宮前小学校との交流事業)でした。本校の生徒約40名が、滑川町立宮前小学校にお邪魔して小学生と一日笑顔で過ごしました。

 
(宮前小の教育目標「夢をもち 未来を 拓く子」と蝶の観察記録)
 
 特に5年生は、近隣の農家さんの田んぼをお借りして田植えを行いました。本校から、環境部の生徒を含む10名が田植えのお手伝いを行いました。朝から降っていた雨も、登校時間の頃には上がり、みんなで一生懸命に汗をかきながら、しっかりと田植えができました。今から秋の稲刈りが楽しみです。
 
 小学校の全クラスを本校生徒2~3名が担当し、授業のアシスタントを行いました。もちろん、休み時間や昼休みには、子供たちと一緒に走り回りまって楽しく過ごしました。中には、元気な小学生たちに負けそうな高校生もいたようです。小学校の先生方のご苦労が少しだけ分かったのではないでしょうか。 
    
 宮前小学校の校長先生からは、「たいへん意欲的な、良い生徒さんにおいでいただき感謝しています。滑川総合の生徒さんが小学生の憧れになっているように思います。」というお褒めのお言葉をいただきました。
 参加した生徒の中には、宮前小学校の卒業生もおり、懐かしい恩師との再会という場面もありました。また、本校生徒はステキなお土産もいただいたそうです。
 たいへんお世話になりました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 

全校集会が行われました

6月1日()に全校集会が行われました。
冒頭の校長講話では、「主体性」と「自己実現」をキーワードにパネルを利用した説明とともに、「働くことは、社会の中の1つの部分を担っていること」との話があり、本校は生徒の自己実現を図ることをめざして取り組んでいる、と結びました。
続いて、夏服への更衣にあわせて整容指導が行われました。普段の学校生活においても日常的に指導は行われておりますが、全体での指導は、定期的に2ヶ月に1回程度行われています。多くの生徒はしっかりと理解しており、自身の身だしなみにも主体的に取り組んでおります。

また、この日より本校にて教育実習を行う教育実習生2名の紹介が行われました。2人とも本校の卒業生です。本校で高校生活を過ごし、大学卒業後、教員を目指す生徒も増えてきています。