2016年7月の記事一覧

プレスクールデイ申込締切について

8月9日にプレスクールデイ(体験入学)が実施されます。
数多くのお申し込みをいただき、ありがとうございます。
まだ申し込んでいない方については申込締切が7月29日(金)となっております。
講座の人数調整等、準備の関係がありますのでこの日までに申し込みをお願いします。
※各体験の持ち物などを8月2日に学校説明会のページに掲載いたします。
 ↓ 申込・持ち物確認等は下記リンクより ↓

http://153.127.209.180/spec/nameso-h_nc2/?page_id=35

資格取得(ビジネス・メディア系列)

総合学科の本校は6つの系列があります。
そのうちの1つビジネス・メディア系列においては資格取得に力を入れています。
本校校舎、総合学科棟3階には検定試験等の合格を発表する掲示板があります。
この1学期間も資格取得にチャレンジした生徒が訪れました。
2学期も多くの生徒がこの掲示板の前で喜ぶ姿が見られることを願っています。

 

一年生「産業社会と人間」講演会

 本日、総合実習棟の大講義室において「産業社会と人間」の一環として、東京大学教授 玄田有史先生にお越し頂き、1年次生を対象に講演会を行いました。  
 玄田先生は「NEET」という概念を広めたことで有名です。 



 「希望」と「夢」の違いは何か、学ぶこと・働くことの意義、幸せの定義などを中心に、総合学科高校1年生の生徒たちに、将来を見据えてどのように学んだらよいかについてわかりやすくお話を頂きました。
 質疑応答では、生徒からのたくさんの質問にも一つ一つ丁寧にお答えいただきました。


 生徒にとって改めて自分の生き方や在り方を見つめなおす機会になり、大変充実した時間になりました。

インターネットリテラシー講習会

 本日、体育館にて、講師の先生をお招きして、インターネットを安全に利用するためのネットリテラシー講習会が行われました。今回の講師は(株)アデッシユ スクール・ガーディアン事務局の平田 優 先生です。平田先生は、埼玉県教育委員会から委嘱されたネットパトロールも行っており、その豊富な経験からインターネットに潜む危険性についてわかりやすく説明していただきました。
 講演の最初に、ゴールは「自分の将来のためこれだけは宣言できる」ことを、ワークシートに記入できることとしました。その後、デジタルネイティブ世代と位置づけた高校生たちに、ソーシャルメディアの利便性と危険性について事例を用いてわかりやすく解説をしていただきました。生徒たちは、実際に自分たちの身に起こりうる危険性について学びました。



 終了後は各教室でワークシートに記入し、今日の公演を振り返り、日頃の利用方法などを今一度確認しました。

夏の学校説明会

 明日7/16(土)・17(日)に彩の国進学フェアが開催されます。
 さいたまスーパーアリーナに県立高校・私立高校、計286校の説明コーナーが開設されます。本校のブースもありますので、気軽にお立ち寄りください。
 (16日は野球部の試合が上尾市民球場にて予定されていますのでそちらの観覧前後でも歓迎いたします)
 また、本校においては夏休み中に中学3年生を対象にプレスクールデイ(体験入学)や中学2年生を対象としたJrプレスクールデイ、女子栄養大学における学校説明会を開催いたします。
 詳細は本ホームページ(下記リンク)にございますので興味のある方は是非参加ください。お待ちしています。
 http://153.127.209.180/spec/nameso-h_nc2/?page_id=35

H28年度防災訓練

 本日、3・4限に今年度の防災訓練が行われました。
大きな地震に見舞われたと想定し、緊急地震速報を流し、地震時の教室での対応について体験した後、放送に従いグラウンドへ避難しました。
 天候に恵まれ汗ばむ中でしたが、全校生徒が7分50秒で迅速に避難することができました。



 日ごろから、災害に備えることの大切さを改めて学ぶことができました。

3年生着こなしセミナー

 本日、1限に3年生を対象とした「着こなしセミナー」が行われました。
講師として東松山店の紳士服店の店長さんにお越しいただき一時間にわたり、正しい制服の着かたについてお話を頂きました。
 実際に、本校の夏服、冬服の特徴を確かめながら、時折気になる点を直していただきかっこよく見える制服の着かたを学びました。



 この1時間を通し、夏休みに校外でのイベント等に参加する際、爽やかな印象を与えられるようになりました。

第3回救命救急講習会

 本日、総合学科棟介護実習室において、運動部員やマネージャーの生徒を対象として今年度3回目の救命救急講習会を行いました。
3回目は1・2年生も多く参加し、比企広域消防本部の職員の皆様にお越し頂き、3時間に渡り心肺蘇生法やAEDの基本的な操作方法についてご指導を頂きました。




 実習の時間が多く、一つ一つの動作が確認でき、全員が技能を身につけることができました。
 今年度は受講希望者が多かったため、3回に分けて講習会を実施し、合計で112名の生徒が受講しました。

第2回救命救急講習会

 本日、総合学科棟介護実習室において、運動部員やマネージャーの生徒を対象として今年度2回目の救命救急講習会を行いました。

 今回も、比企広域消防本部の職員の皆様にお越し頂き、3時間に渡り心肺蘇生法やAEDの基本的な操作方法についてご指導を頂きました。



 DVDを視聴した後、講師の先生の体験談や県内での事例を聞き、自分がもしもその立場だったらという気持ちを持って、講習に望んでいました。