校長ニュース

2019年7月の記事一覧

令和元年度 第1学期終業式あいさつ

 皆さんこんにちは。早いもので、今日で1学期も終了です。

この1学期間、いろいろなことがありましたが、皆さんの素晴らしさに感心しています。

それは、先ほどの表彰式での、表彰状の数にも表れていると思います。

あれだけ多くの表彰状を授与される生徒が在籍する学校は、他に類を見ないものであり、校長としてもとても誇りに思います。これからも頑張ってください。

 それでは1学期の終わりにあたって、私からいくつかお話ししたいと思います。

まず一つ目は本を読んで「大局観」を身に着けようということです。

数学者で『国家の品格』などの著者・藤原正彦(ふじわら・まさひこ)氏がいます。この方は「人間にしかない大局観と感受性」の大切さを語っています。

  「活字離れ」と最近はよく言われていますが、これは私も若い頃で覚えていますが、今から20年以上前ですが、97年頃から家庭にまでインターネットが普及したことで一気に加速しました。昔は本屋さんが混雑していたのに、今は廃業するお店も多く、この20年間でその数は半分程度に減ったそうです。

 今では電車に乗れば、若い人から中年まで誰もが手にしているのはスマホです。かつてのように新聞や雑誌、本を熱心に読んでいる人はわずかとなりました。

 一つ言えることは現代の人たちはインターネットで断片的な情報(切れ端を拾っている)を得ているだけで終わっているのではないか。なぜかというと多くの人に興味を引くがためにわざと刺激的な題をつけたり、中身も断片的なものが多いです。長文だと多くの人は読んでくれません。しかもその情報も真偽不明なものも多いです。スマホの性格上読み込ませるものではなく本でいえば「飛ばし読み」やあらすじを読んでいるみたいなものです。もちろんスマホで読書もできますが、あまり多くはないですね。

 藤原氏はこう語っています。情報とはきちんと選択し、整理したのが「知識」で、これを獲得するには新聞や雑誌を読まないと無理です。しかし、知識だけでも本当の力にはなりえません。それを使いこなすには、本を読んで「教養」のレベルまで練りこんで高めなければいけません。 

 なぜ教養が必要かといえば、それが「大局観」を持つための唯一の手段だからです。「大局観」は雑多な情報から本物の情報を選び取る能力。これがないと的確な選択はできません。

 ユダヤの人の格言にこういうものがあります。

「人には口が一つなのに、耳や目が二つずつあるのは何故だろうか。」

それは自分が話す倍だけ、様々なものを見たり、聞かなければならないからだ。

ぜひこの夏は読書も含めて様々なこと見聞きして成長してください。

 そしてここまでこの読み原稿を書いたところで良いニュースが入ってきました。先月にもお年寄りを助けた生徒のことを話しましたが、またまたグッドニュースです。

昨日7/18ですが、野球部の生徒らしいのですが、鴻巣駅でさりげなく落ちているごみを拾っていてその姿に感動したというお電話をいただきました。素晴らしいですね。

少しでも周囲をそして社会を良くしようという気持ち(勇気)がとてもうれしいです。ぜひその心を忘れないでください。

 それでは、二学期の始業式、全員そろって、笑顔で会いましょう!
0